chiba-tanのブログ

インテリアのレイアウトを間取りやパースでご紹介

6畳間 寝るスペース取ったら、必要家具はどれだけ設置出来るの?

ご訪問有難うございます♪

 

 今回は一般的な6帖のお部屋でレイアウトを考えてみます。ロフトが無いので、寝るスペースも必要になってきますよね。

北側引戸は出入口、東側の折戸は収納部分、南に窓の間取りです。

 

  

 ・ベッド

南西の角に配置、クローゼットの扉と干渉しないよう、棚の無いベッドを選び長さを抑えました。窓は半分潰れてしまいますが、片方は開けられますし、南北に長く置くより東西に長く置いた方が、他の家具を置きやすいと思いこの配置に。

ゆったり使えるよう、セミダブルを選んだので、幅がシングルより広い1200mmとなっております。

部屋の寸法がミリ表記なので、家具も合わせてミリ表記にしています。

 

 

 

・テレビ台 

こちらの幅は880mm、西側の壁面に配置しました。

 

 ・ローテーブル

テーブルまで置いて、もしかしてソファーも置けそう?と気づく。6帖にベッド、しかもセミダブル置いた時点で、ソフアーは諦めていたのですが、配置してみて分かったりしています。

 

 ・ソファー 

置けました✨ 幅1160mmのソファー、良い感じではないでしょうか?

 

 

 

 

 ・キャビネット

 幅886mm、テレビ台の隣に配置。ベッド、ソファー、キャビネットと6帖でも結構置けるものですね。

 

 ・ハンガーラック

ソファーの隣にスペースがあるので、400mmのハンガラックを置いてみました。服を掛けて置く場所まで確保です。

東側:部屋の長さ3640-収納扉1820=1820

1820-ソファ1160-ハンガーラック400=260 

上の数字から壁厚分を引くようになります。

図面上で3640あっても、それは芯からの寸法なので、実際の内側寸法は図面上より少ないのです。

 

  ・ナイトテーブル

 ベッドに棚が無い為、目覚まし等を置いて置く所が欲しくて、幅300mmのこちらを選びました。

西側:3640-ベッド幅1200-ナイトナーブル300-テレビ台880-キャビネット886=374 

となり、ここから壁厚分が引かれます。

東西どちらも、ほぼ隙間ない感じに配置しました。壁厚は建物によって違って来るので、家具をご購入時には、置きたい場所の寸法を測って下さいね🙂

 

 ・ラグ

 ラグは2000mm×2000mmの正方形を中央に。

 

 

以上を置くと、このような感じに。

 

 

 

 以下、小物類

・照明

・間接照明

・掛け時計

 ・布団カバー
 ・ベッドスロー

 ・クッション

 

 小物類は一気にご紹介させて頂きました。

だって布団カバーは布団にする物ですし、布団は大体ベッドの上ですし、レイアウトと言うのもアレなので😅

かと言って、大型家具だけ置いて、全く小物が無いのも寂しいですしね。

 

 

そして、小物や植物を置いて、出来上がったパースがこちらになります。布団がカチカチになって幅を取っておりますが、実際は少し垂れ下がるようになるはず。

 

 

 

動画では間取りではなく、パースを置いてレイアウトをしております。

どの動画も3分前後ですので、ぜひ見てやって下さいませ🙇‍♀️

最後までお読み頂きありがとうございました🙂

 動画はこちら⬇からどうぞ✨